沖縄剛柔流空手

由来:
沖縄剛柔流は宮城長順(1888-1953)を流祖とする沖縄を代表する流派の一つである。剛柔流以前は那覇手(ナーファーデー)と呼称され、那覇手を代表する武術家が東恩納寛量である。旧琉球王府の清国往還船舶頭東恩納親雲上寛用の四男東恩納寛量 (1853-1915)が1867年(慶応3年)2月、琉球王府の承認(保証人・吉村御殿朝明)を得て、私費留学生として福建省福州へ渡ったのに始まる。福州学舎での3年間の勉学期間を含め、15年間同地に留まって南派少林拳の達人リュウリュウコウ師より朝夕厳しい指導を受け、奥伝の技法を修得し、帰国後、その技法を琉球古伝の「手」と整合させ、沖縄独特の技法体系を確立したときに始まったものである。その後、技術は高弟の宮城長順に継承され、1930年に武備誌の中にある拳法大要八句の「法剛柔吞吐」より引用して自らの武術を『剛柔流』と命名し、空手界で最初に流派名をつけた。

系譜:
リュウリュウコウ-東恩納寛量(親雲上) -宮城長順 -宮城安一 -東恩納盛男

流儀の特徴:
沖縄剛柔流は「剛柔呑吐」といって、攻防の技はすべて呼吸法で極まり、その呼吸法の鍛練型は剛の「三戦」と柔の「転掌」という基本型がある。
その三戦と転掌で徹底的に呼吸法を練り、呼吸と共に心身を鍛えるものである。体力のない人には伝統器具でもって体力づくりを行い、攻防の技と強靭な精神と体力を向上させるために型の練習を徹底的に反復し、そして武道的気魄と人格を完成させるのが目的である。

型之名称:

基本型:
三戦(サンチン)

開手型:
撃砕第一(ゲキサイダイイチ)

撃砕第二(ゲキサイダイニ)

砕破(サイファー)

制引戦(セイユンチン)

四向戦(シソーチン)

三十六手(サンセールー)

十八手(セーパイ)

久留頓破(クルルンファー)

十三手(セーサン)

壱百零八手(スーパーリンペー、ペッチューリン)

閉手型:
転掌(テンショウ)

 

伝統器具:
鎚 石(チーシー)・・・手首、腕力、肩を強化します。
握 甕(ニギリガメ)・・・五本の指を鍛え、さらに腕力を強化します。
巻 藁(マキワラ)・・・突き・打ち・蹴りの力を一層強化します。
石 錠(サーシー)・・・手首・腕を強化します。
金剛圏(コンゴウケン)・・・五体を強くし、特に円の動きの技を一層強化します。